金運・恋愛運・仕事運・総体運・・。 風水を中心に、古今東西、様々な「運が良くなる方法」を紹介してまいります!



古来から塩は浄化や邪気払いのために使われてきました。

日本では神道の清めの儀式で、キリスト教にもピュリフィケーション・ソルトと言う清めるための塩があるそうです。

塩を浄化や邪気払いのために使う民族は多岐に渡り、それは時代や宗教の範疇を遥かに超えています。

ありとあらゆる国で、紀元前から塩は浄化や邪気払いのために使われ、現在でも果てることなく使われ続けています。

また、 秦の始皇帝は、後宮の女性を訪れる時は牛車で出かけていて、牛が止まった所を晩の宿とすることにしていました。

美妃は一計を案じ牛の好きな塩を自分の住まいの前に盛り、牛を止めて皇帝の気を引こうとした事が始まりと言われています。

こうしたことにより、盛り塩は邪気を払い、チャンスを招くことを示唆しています。

その伝承が、客の足を止める縁起ものとして伝わり、店の入り口に盛り塩をする習慣が出来たと言われています。

客が足を止めてくれる⇒お金を落としてくれる⇒生活が豊かになる
盛り塩の週間の始まりを示す、面白いエピソードですね。


PR.盛り塩で運気アップ


「金運を上げるグッズ」一覧へ戻る
金運を上げるグッズ一覧

トップページへ
風水で運が良くなる方法
約300年ほど前から、家庭円満などの縁起物として多くの人に親しまれているだるま。

その姿はインドの偉大な僧侶・達磨大師が座禅をする様子がモデルだと言われています。

だるまは転んでも起き上がりますが、これは「七転び八起き」の処世哲学からきたもの。

どんな苦しい環境にあっても、どっしりと腹を据えて、苦難を乗り切ることを表わしているのです。

そして、その歴史に裏付けられた開運パワーは、各地でだるま市などが開かれるほど現在でも大人気。

だるまは、あらゆる願い事を引き受けてくれる万能な縁起物といえます。

また、古来より丸い形は富みや豊かさの象徴として用いられてきました。

『玄関用 金運だるま』の角が一切ない丸い形は、金運を呼び込む力にあふれた最高の形であり、家の顔である玄関に置くだけで良い運気をどんどん取り込んでくれます。

さらに、肯定的で前向きなイメージを持っているので、丸い形を見るだけで私たちの潜在意識に好影響を及ぼし、家庭円満ややる気を引き出すパワーも持っているといわれています。

だるまの基本は願い事。

家内安全、商売繁盛、無病息災、良縁祈願、安産祈願、交通安全・・など、どんな願いもなんでもござれの縁起物です。

「玄関用」金運だるまはもちろんその胸にしっかりと「金運」の文字が刻まれ、多大な大金運をもたらすことがしっかりと祈願されているのです。


※より詳しい説明を読む(画像をクリック)


※「金運を上げるグッズ」一覧へ戻る
金運を上げるグッズ一覧

※トップページへ
風水で運が良くなる方法
龍は、中国では四神獣のひとつで、東の方位を守る守護神。
運気を最強に上げる象徴としても聖獣でもあります。

司馬遷の書いた『史記』には、劉邦出生の伝説に登場したり、古代中国では皇帝の象徴としても扱われました。

風水における気の流れは「龍脈」と呼ばれ、
雷雲や嵐を呼び、また、たつ巻になって大空に昇り、自由自在に飛翔すると言われる、伝説上の神獣でもあります。

この「金龍」は、最高の風水パワーを持つ龍を、黄金色に仕上げた、金運アップに最適な風水アイテム。

金龍といえば、あの浅草の浅草寺は、金龍山というのが山号で、お守りも黄色い袋に金の刺繍で龍になっているのですよ!(まめ知識)

富と繁栄を象徴する風水最高の霊獣のパワー。ぜひ試してみてください。


※お家用の金龍で風水パワーを呼び込む!



「金運を上げるグッズ」一覧へ戻る
金運を上げるグッズ一覧

トップページへ
風水で運が良くなる方法

この金運を上げる財布は、世界のラッキーモチーフを全面にあしらったもの。

金運だけではなく、その他の運も総体的に上げる効果があります。

ゴールド(金色)というのは、お金そのものを表現している色。

金運を上げるための財布の色としては、最高に良い色とされています。

そして、お金は居心地の良い場所に集まり、とどまるという傾向があります。

さらにお金には、あるところにはさらに集まるという性質があり、
ますますお金が増えるという好循環が生まれるのです。

金運を変えるなら、まずは財布から。

お金の住まいである財布を、もう一度見直してみることで、あなたの金運はどんどん改善していくことでしょう。

最強の金運アップ財布「ミリオンゴールド」、要チェックです!
※上の財布の画像をクリックすると、詳しい解説が読めます。


「金運を上げるグッズ」一覧へ戻る
金運を上げるグッズ一覧

トップページへ
風水で運が良くなる方法
ふくろう(梟)は、昔から「不苦労」「福老」「福郎」「福来」などと言われ、福を呼ぶ鳥として縁起物の象徴とされてきました。

また夜行性で夜に眠らないふくろうは「夜の番人」とも言われ、「守り神」としても 親しまれています。

これは日本だけでなく、海外でもふくろうは縁起がよい鳥とされていて、ギリシャ神話では、智恵の女神「ミネルヴァ」の聖鳥として学芸と知性を司る鳥と言われています。

また、ふくろうは首がクルクルと回るので、「借金などで首が回らなくなる」ことがないということから、お金に困らない、商売繁盛など縁起の良い鳥でもあります。

他にも、夜行性であるフクロウは遠く先まで見通せることから、先見の明がある賢い鳥とされ、家の守り神としても重宝されてきました。

カワイイ外見も魅力の一つで、どんなお部屋のインテリアにも合うのがうれしいですよね。


※より詳しい説明を読む(画像をクリック)


※「金運を上げるグッズ」一覧へ戻る
金運を上げるグッズ一覧

※トップページへ
風水で運が良くなる方法


今最も注目されているお手軽金運アップ方法が「トイレ風水金運法」で、これはどこにあっても凶相といわれるトイレを「吉相のトイレ」に変えるというものです。

お金持ちのトイレに共通していることが二つあります。

一つはトイレがいつも清潔でピカピカなこと。

そしてもう一つは、利にかなった風水画を飾ってあることです。

風水では、トイレは〝厄落とし〟の空間であり、〝どこにあっても凶相〟と考えられています。

トイレは運気に多大なる影響を与える場所。つまり、逆にトイレを吉相に変えることで、家とあなたの運気が高まるのです

この風水画の“八角形の額”は、風水では八方位すべての運気を上昇させてくれる「万能の形」と言われ、奈良時代に建てられた聖徳太子の法隆寺・ 夢殿などの例をはじめ、神聖なものに多く使われています。

この聖なる形は金運上昇、商売繁盛、幸運招福、仕事運、くじ運、ギャンブル運の他に、邪気払い・ お守り効果もあるとされています。

また、描かれている噴水の水の上で回転する黄金の玉。

この金箔の玉が、噴水によって大きく噴き出す瞬間は、最高の金運が訪れる吉兆を表現しています。

難しい計算は必要なく、飾るだけのお手軽な風水なので、金運を上げたい方はぜひ活用してみてください。


※詳しく見る
【超・大金運法】カ ン タ ン ! 飾 る だ け 風 水 裏 技

※「金運を上げるグッズ」一覧へ戻る
金運を上げるグッズ一覧

※トップページへ
風水で運が良くなる方法


風水では、「玄関」は家の中でも「気」の入り口として、特別に重要な場所とされています。

スペース的には小さな空間ですが、「玄関」を風水的に良い状態にすることで大きな幸運がやってくるようになるでしょう。

ですから、玄関の風水が良い家は繁栄していることが多いのです。

この玄関用「ミニ風水鏡」は、そんな「玄関」に注目し、風水の力で幸運を呼び込むためのグッズになります。

古くから「鏡」は、神秘的な用具として、多くの伝説や物語などに登場するように、良い気を呼び込み、邪悪なものをはね返す力があると信じられてきました。

風水でも鏡は良いエネルギーを部屋中に広げ心身を活性化してくれるパワーアイテムです。

玄関用「ミニ風水鏡」は、そんな「鏡」本来の力をさらに強力にしたもの。

金運を上げるだけではなく、あなたの家の「気の番人」としての役割もはたす、一石二鳥の頼りになる風水アイテムといえるでしょう。


※詳しく見る
金運アップのウラワザ(ミニ風水鏡)

※「金運を上げるグッズ」一覧へ戻る
金運を上げるグッズ一覧

※トップページへ
風水で運が良くなる方法


「金運招き猫」は、平安時代に存在していたことが史実に残されています。

真言宗開祖の弘法大師(空海)が朝廷の命を受け讃岐の国(香川県)の満濃地灌漑工事に向かった際、折からの資金難と人手不足の上、病人が出るなどで工事が難航してしまいました。

そこで弘法大師は、近くの十二権現(現在の黒見神社)にこもり成功を祈願していたのです。

すると山頂より一匹の猫が現れ、両方の前足を頭の上より高く上げ、しきりに人を招く仕種を繰り返しました。

その出来事の後、不思議にも朝廷から多額の御下賜金が加算され、人夫たちの病も完治し難工事はたちまちのうちに完成したとのことです。

この金運招き猫は、そのエピソードをもとに作成・完成された、成功とお金をもたらす風水アイテム。

ミニサイズでも強力金運来招の期待大。

右手をあげて金を招き、左手をあげて『人(客)』を招く。

とても珍しくてカワイイ、両手あげ招き猫です。


※詳しく見る
両手で招く大金運

※「金運を上げるグッズ」一覧へ戻る
金運を上げるグッズ一覧

※トップページへ
風水で運が良くなる方法

中国や台湾の主な建物の正面でよく見かける獅子は、風水において「邪気除け」に使います。

※これが獅子

建物に殺気があたっている場合には、一対の獅子を置きます。その際は、向かって右側に雄、左側に雌を置くのがポイントです。

また、獅子は財を招く大きな力を持っています。

ただ、殺気があり、とても強い動物ですから、家の中に置くのはふさわしくありません。

飾る場所は、家やオフィスの外で、玄関や窓の外側に顔を向けて設置してください。


※詳しく見る
縁起物大迫力の顔です獅子 14cmペアセット置物 シーサー 狛犬 シシ 寿山色

※「開運をもたらす風水小物一覧」へ
開運をもたらす風水小物たち

※参考にさせていただいた書籍
奇跡がいっぱい起きる魔法の習慣

※トップページへ
風水で運が良くなる方法

龍亀(ろんぐい)は、身体が亀で、頭が龍の姿をした神獣です。

※これが龍亀(ろんぐい)


龍と亀の両方のパワーを備えており、風水では、特に金運を呼び込むアイテムとして有名ですが、同時に仕事運をアップさせるパワーも秘めています。

龍亀(ろんぐい)は、「偏財」(ギャンブルや投資など、変動性のある金運)を高める貔貅(ひきゅう)とは違い、「正財」(地道な労働によって得る金運)を高めるパワーがあるのが特徴です。

また、邪気を寄せ付けない効果もあるので、仕事や人間関係でのトラブルを解消したい時にも役に立ってくれるでしょう。


※詳しく見る
金運・正財運の風水グッズレジン置物龍亀(T-160)【風水開運グッズ】  P19May15

※「開運をもたらす風水小物一覧」へ
開運をもたらす風水小物たち

※参考にさせていただいた書籍
すべてがわかる風水開運大事典

※トップページへ
風水で運が良くなる方法
貔貅(ひきゅう)は願望成就のパワーを持つ神獣で、特に金運を上げるパワーに優れます。

※これが貔貅(ひきゅう)

貔貅(ひきゅう)は食べることはできるが排泄をしない動物だといわれており、つまり、入ることはあるが、出ていくことがない。

これをお金にたとえ、お金が入ってきても出ていかないということで、風水の世界で金運に良い動物とされ、好んで飾られたのです。

ただし、貔貅(ひきゅう)が効果を発揮する金運は、「偏財」と呼ばれるもの。

「偏財」というのは、ギャンブルや株、投資など、変動性のある金運のことです。

ギャンブルが好きな人、株をやっている人には、特に恩恵をもたらしてくれる、ありがたい風水アイテムと言えるでしょう。


※詳しく見る
蓄財に言いといわれる風水の神獣♪銅製 「ミニ貔貅(ヒキュウ)(雄)(1個)」【特別送料無料...

※「開運をもたらす風水小物一覧」へ
開運をもたらす風水小物たち

※トップページへ
風水で運が良くなる方法

☆カテゴリー
よろしければ応援お願いします。

人気ブログランキングへ
☆プロフィール
名前:ぴっくす
趣味:読書・風水
一言:運が良くなる方法を日々勉強中です。
Template by Crow's nest