金運・恋愛運・仕事運・総体運・・。 風水を中心に、古今東西、様々な「運が良くなる方法」を紹介してまいります!



‎2月3日は節分です。

節分とは本来、季節が移り変わる節目の日であり、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日にあったもので、一年に4回あったものでした。

まさに、「節」を分けていたわけですね。

ところが、日本では立春は一年の始まりとして特に尊いものとされ、次第に節分とは春の節分のみをさすようになっていきました

立春を一年の始まりである新年と考えれば、節分は大晦日にあたります。

平安時代は、宮中で、大晦日に陰陽師らによって旧年中の厄や災難を祓い清める「追儺」(ついな)の行事が行われていました。

「追儺」(ついな)は、中国から伝わった、土で作った人形を仕える風習であり、
「鬼やら
い」「なやらい」「鬼走り」「厄払い」と呼ばれ、疫病をもたらす悪い鬼を追い払う儀式で、文武天皇の慶雲3年(706年)に宮中で初めて行われたそうです。

その後、室町時代以後は豆を撒いて悪い鬼を追い払う行事へと発達し、庶民に定着していきました。

このように、昔から受け継がれる民族風習には、必ずそれなりの理由があるのです。

節分には「鬼は外、福は内」と豆まきをして、鬼を祓い、運気を招きよせてみてはいかがでしょうか。


PR.節分の豆をお取り寄せ☆
やさしいはおいしい こまめや

※トップページへ
風水で運が良くなる方法
捨てることは、風水の基本。

いらないものを捨てるという行為は、過去と決別し、前を向いていこうとする気持ちの表れです。
捨てるということは、それだけで運気の流れを変えます。

それだけ効果が高いのです。

古いものには凶=悪運がつきやすく、それをため込んで外に出さないでいると、過去の様々な縁から逃げられず悪運を招きやすくなります。

もちろん、古いものすべてが悪いわけではありません。

骨董品やアンティークなど、自分にとって価値があると思うものなら、残しておきましょう。

古いものをためておくのは、人間の体に例えると便秘と同じ。

便秘が老廃物をため込んでしまうように、古いものには心の老廃物がたくさんたまっています。

思い切って、古いものをすっきり処分して、新たな一歩を力強く踏み出していきましょう!


※参考にさせていただいた書籍
【送料無料】やくよけ風水 [ 林秀靜 ]

※トップページへ
風水で運が良くなる方法
運気ダウンを感じたとき、即効で運気を上げる最も効果的な風水があります。

それは、シーツを一週間毎日替えること。

「え、そんなことで?」と思われる方も多いでしょうが、この方法は、風水の「寝床学」の応用です。

風水では、人は寝ている間に運気を補充すると考えます。

寝ている間の環境を毎日清浄なものにすることは、自分の中の悪運を清浄化し、様々な運気を吸収するための体質づくりになるのです。

その際シーツは、コットンでカラーは白がベスト。
肌触りのよいものならなお効果的です。

とはいえ、毎日シーツを変える作業は、言うのは簡単ですが行うのは難しいもの。

そんな方には、シーツよりも効果はダウンしますが、毎日枕カバーを替えることをおすすめします。

寝ている時には、とくに頭から気を吸収します。

頭部が直接触れる枕カバーを清浄にするだけでも、運気の再生には効果的なのです。

枕カバーも、シーツ同様、白がベストです。


※寝具のことなら専門店で☆
こだわり安眠館

※参考書籍
最強風水師が教える運のいい人悪い人

※トップページへ
風水で運が良くなる方法
何事をするにも時計回りですると運が良くなるという話をご存知でしょうか?

時計回りというのは、太陽と同じ右回りのことです。

太陽はその昔、多くの古代文明のもとで崇拝されていました。

また、今日においても、太陽の至上性をあがめる神話や儀式、お祭りは数えきれないほどあります。

こうしたことから、太陽と同じように右回り(時計回り)をすると、さらに幸運になる、悪い運が良い運になると信じられてきました。

西洋においても、葬儀の参列者が墓地に向かうときや、結婚式の行列が教会の敷地内に入るときにも、時計回りで、とされていました。

また、漁師もこの習慣にならい、港を出て漁に向かうときは、できる限り時計回りになるように船を進めたといいます。

ですから、何か行動を起こすときは、つねに時計回りを意識して事にあたってみましょう。

食卓にお皿を並べるときや、会議で書類を回すとき、料理をする時(材料をかき混ぜたり、ソースをかき回したり)など、すべて、時計回りになるように心がけてみてください。

また、カジノのトランプゲームで負けが続いているときは、一度立って、イスの周りを時計回りに歩くと、ツキが巡ってくるという話も・・。(笑)

・・皆さんの日常で、ぜひ、この「時計回り開運生活」を、試してみてくださいね!


参考にさせていただいた書籍
【送料無料】オマジナイ事典 [ デボラ・アーロンソン ]

トップページへ
風水で運が良くなる方法
お酒の害とタバコの害、どちらが大きいと思いますか?

お酒は「百薬の長」ですが、タバコは「百害あって一利なし」。これは、風水的見地からも同様の意見のようです。

タバコを吸って吐き出した煙の中には、その人が体の中に溜めていたストレスやイライラなどの「毒」が混ざっています。

吐き出された「毒」は周囲の空気に混ざって漂い、吸っている本人やそこにいる人に付着します。

タバコを吸えば吸うほど「毒」がどんどん付着するわけですから、それに比例してどんどん運の悪い人になってしまうのです。

特に、衣類や髪にタバコの臭いが染み付いているのはNG。縁の運気を消滅させてしまいます。

どうしてもタバコがやめられない人は、消臭スプレーなどを使って、臭いを消す工夫をしましょう。


PR.お酒は百薬の長☆


※参考にさせていただいた書籍
幸せをつかむ恋愛風水

※トップページへ
風水で運が良くなる方法
「音」を立てることによって、その場に漂う空気のエネルギーを一新させることができるという昔からの言い伝えがあります。

神社を参拝する時「パンパン」と両手で音を立てるのも、場の空気を変え、自分の身を清め、邪気を払うという意味があるのです。

また、旅先のホテルや旅館などで、何となくイヤな雰囲気を醸し出している部屋があります。

そこに一人で泊まるにはなんとなく薄気味悪いとき、部屋の四方を両手で一回叩くと、よどんだ空気を清めてくれると言われています。

どうやら「音」には、そうした空気を清心させる効力があるようです。

何かイヤな雰囲気の場所に行った時や、運が悪い事があったとき、そんな場の空気を変えたいときは、パンパンと両手で手を叩いて、音を立ててみましょう。

「音」の持つ効力で、ひょっとしたら、運気が好転するきっかけになるかもしれません。


PR.風水アイテム専門店☆
風水の森

※参考にさせていただいた書籍
「開運おまじないbook」 自然のパワーと世界の知恵でツキを呼ぶPHP 大原敬子著

※トップページへ
風水で運が良くなる方法
風水では、古いものには運がつかないとされています。

ですから、古いものをいつまでも捨てずにとっておくことは、家の運気を落とすことにもつながるのです。

では、どういうものを捨てるべきなのでしょうか?

まず、今の自分にとって不要なものは、すべて捨ててもよいものということになります。

いつか使うかもしれない・・といいながら、何年も使用していないというものはありませんか?

基本的に風水は、新しいものに運が宿るとされていますので、たとえいつか使うことがあったとしても、古いものを新たに使うことは運気上好ましくありません。

必要になったら、また購入すればよいのです。

もったいないようですが、その方がより良い運気が手に入るのです。

ただし、先祖代々受け継がれてきたものに関しては、また次の世代にきちんと受け継ぐことが大事ですので、不必要だからといって、売り払うなどの行為は慎んだほうが良いでしょう。

しかし、そのものによって、家運が降下すると思われるものは即刻処分してしまってかまいません。


PR.お洋服も一気に入れ替えちゃお☆


※参考にさせていただいた書籍
インテリア風水

※トップページへ
風水で運が良くなる方法
実は、「笑顔」には、すごいパワーがあるのです!

顔には表情筋というものがあり、笑顔によってその筋肉が作動すると、脳内からβエンドルフィンという脳内ホルモンが分泌され、心が自然と高揚し、ワクワクしてきます。

人も、お金だって、仏頂面の人には近寄りたくないですよね?

ワクワクしている幸福な雰囲気に引き寄せられるようにして、人も、お金も、そばにやってくるのです。

人間の潜在意識は事実と想像を区別できないため、たとえ作り笑顔でも、表情筋さえ動かしてしまえばこっちのものです。

作り笑顔を、潜在意識は本当の笑顔だと勘違いし、βエンドルフィンを分泌させ、ハッピーな気持ちにしてくれるのです。

ムリやりに作った笑顔がワクワク感を呼び覚まし、幸せを引き寄せて、本当に心から幸せな笑顔へとつながっていく・・。

これが、「幸福の連鎖」のスタートライン。

「笑う門には福来る。」

先人の残した言葉には、本当に驚かされますね。


PR.新しい洋服で気分もアップ☆


※トップページへ
風水で運が良くなる方法
特に用事はないのだけれど、最近まったく連絡をとっていないアノ人が、なんとなく気になる・・、とか、ふいに誰かの顔が思い浮かんだり・・っていうこと、ありませんか?

そんなときは、ぜひその直感に従って連絡をとってみましょう。

でも、そんなときまず考えてしまうのが、「でもこんな時間だし・・」とか、「今仕事で忙しいんじゃないかな・・」といった、相手の都合。

それで、やっぱりまた今度にしよう、とか、また用事ができたときにでも連絡すればいいや、と、その思いを先送りしてしまうことって、ありますよね。

相手を思いやることは確かに大切なことですが、ふとその人を思い浮かべたことには意味があるのです。

逆に言うと、意味があるから「直感」する。

一度、「直感」にしたがってみましょう。

もしかしたら、思ってもみなかったすごい展開が待っているかもしれませんよ!


PR.直感力アップのパワーストーン☆


※トップページへ
風水で運が良くなる方法

☆カテゴリー
よろしければ応援お願いします。

人気ブログランキングへ
☆プロフィール
名前:ぴっくす
趣味:読書・風水
一言:運が良くなる方法を日々勉強中です。
Template by Crow's nest