金運・恋愛運・仕事運・総体運・・。 風水を中心に、古今東西、様々な「運が良くなる方法」を紹介してまいります!



[180]  [178]  [177]  [176]  [174]  [173]  [172]  [415]  [175]  [169]  [170
「音」を立てることによって、その場に漂う空気のエネルギーを一新させることができるという昔からの言い伝えがあります。

神社を参拝する時「パンパン」と両手で音を立てるのも、場の空気を変え、自分の身を清め、邪気を払うという意味があるのです。

また、旅先のホテルや旅館などで、何となくイヤな雰囲気を醸し出している部屋があります。

そこに一人で泊まるにはなんとなく薄気味悪いとき、部屋の四方を両手で一回叩くと、よどんだ空気を清めてくれると言われています。

どうやら「音」には、そうした空気を清心させる効力があるようです。

何かイヤな雰囲気の場所に行った時や、運が悪い事があったとき、そんな場の空気を変えたいときは、パンパンと両手で手を叩いて、音を立ててみましょう。

「音」の持つ効力で、ひょっとしたら、運気が好転するきっかけになるかもしれません。


PR.風水アイテム専門店☆
風水の森

※参考にさせていただいた書籍
「開運おまじないbook」 自然のパワーと世界の知恵でツキを呼ぶPHP 大原敬子著

※トップページへ
風水で運が良くなる方法

☆カテゴリー
よろしければ応援お願いします。

人気ブログランキングへ
☆プロフィール
名前:ぴっくす
趣味:読書・風水
一言:運が良くなる方法を日々勉強中です。
Template by Crow's nest