金運・恋愛運・仕事運・総体運・・。 風水を中心に、古今東西、様々な「運が良くなる方法」を紹介してまいります!



[690]  [665]  [664]  [663]  [662]  [661]  [660]  [659]  [658]  [649]  [648
男性の本厄は25歳と42歳、61歳、女性の本厄は19歳、33歳、37歳とよくいわれます。

男性の40代前半、女性の30代半ばなど、肉体的、精神的変化が大きく、体に気をつけなければいけない年齢を、昔の人は経験的に厄年と考えました。

 
さらに「死に」(42)、「散々」(33)など、語呂の悪さも合わせて考えたのです。

 
現在の厄年の考え方は、江戸中期、元禄の頃には出来上がっていたといわれています。
当時は、男性大厄の42歳といえば、すでに老境の入り口。重い病に倒れてもおかしくない年齢でした。
そんな老いや漠然とした死への恐怖感も、厄年に結びつけて考えられたのです。

もっとも、この厄年の発想は、町人文化の台頭と共に民間信仰として生まれたもの。
宗教的な教理上の意味合いがあるわけではありません。

厄という考えは、人生の節目に、病気や災難に気をつけるための、庶民の知恵でもあったのです。


PR.パワーストーンで厄払い☆
ストーンガーデン

「厄年、厄払い」カテゴリーの記事一覧へ戻る
厄年、厄払い

参考にさせていただいた書籍
開運ハンドブック 日経おとなのOFF

トップページへ
風水で運が良くなる方法

☆カテゴリー
よろしければ応援お願いします。

人気ブログランキングへ
☆プロフィール
名前:ぴっくす
趣味:読書・風水
一言:運が良くなる方法を日々勉強中です。
Template by Crow's nest