金運・恋愛運・仕事運・総体運・・。 風水を中心に、古今東西、様々な「運が良くなる方法」を紹介してまいります!



[687]  [666]  [691]  [690]  [665]  [664]  [663]  [662]  [661]  [660]  [659
身近でできる最も手軽な厄払いの方法があります。
それは、友人や知人などを招いて、ご馳走をふるまうこと。
これは、自分の財産の一部を贈与することが厄落としにつながると考えられているためです。
実際、厄年の人が、餅やお金、お菓子などを配って厄を落とすという風習が、全国各地に伝えられています。

もちろん、厄除けで有名な社寺に行って厄除け祈願をするのもよいでしょう。
その際は、厄年は満年齢ではなく数え年であることを頭に入れ、自分の誕生日の1週間前までに祈願をすることです。後追いでは厄除けになりません。

また、厄年を無事に越えたら、必ずお礼参りに行くことを忘れずに。
お礼参りを含めての、「厄払い」なのですから。


PR.運気アップ!風水グッズ専門店☆
風水火山

「厄年、厄払い」カテゴリーの記事一覧へ戻る
厄年、厄払い

参考にさせていただいた書籍
開運ハンドブック 日経おとなのOFF

トップページへ
風水で運が良くなる方法

☆カテゴリー
よろしければ応援お願いします。

人気ブログランキングへ
☆プロフィール
名前:ぴっくす
趣味:読書・風水
一言:運が良くなる方法を日々勉強中です。
Template by Crow's nest