金運・恋愛運・仕事運・総体運・・。 風水を中心に、古今東西、様々な「運が良くなる方法」を紹介してまいります!



[688]  [687]  [666]  [691]  [690]  [665]  [664]  [663]  [662]  [661]  [660
<平安時代>
平安貴族たちは、12年ごとに巡ってくる自分の干支の年を厄年と考えていました。
日本最古の長編物語「宇治保物語」や「源氏物語」にも干支の年を警戒する記述が出てきます。

<江戸中期>
元禄の頃、女性19歳と33歳、男性25歳と42歳という現在の厄年の考え方が出来上がったといわれています。
厄年は町人文化の台頭とともに、庶民に根付いた民間信仰でした。

<江戸末期から明治>
歳末になると市中を回り、金品をもらって芸を行い、厄を背負っていく門付芸人が江戸、大阪に現れるようになります。
有力社寺では、このころから厄除け祈願が行われていました。

<昭和高度成長期>
社寺による厄除け祈願が一般化するのは、交通の便がよくなった高度成長期以降。
これを機に、厄除けのご利益がある著名な社寺に、人々が集まるようになりました。


PR.これは楽しい!招き猫専門店☆
幸運を招く招き猫ならオルネコイデ

「厄年、厄払い」カテゴリーの記事一覧へ戻る
厄年、厄払い

参考にさせていただいた書籍
開運ハンドブック 日経おとなのOFF

トップページへ
風水で運が良くなる方法

☆カテゴリー
よろしければ応援お願いします。

人気ブログランキングへ
☆プロフィール
名前:ぴっくす
趣味:読書・風水
一言:運が良くなる方法を日々勉強中です。
Template by Crow's nest