金運・恋愛運・仕事運・総体運・・。 風水を中心に、古今東西、様々な「運が良くなる方法」を紹介してまいります!



[666]  [691]  [690]  [665]  [664]  [663]  [662]  [661]  [660]  [659]  [658
運気が変化するといわれる厄年には、自分自身の大きな変化を重ね合わせるべきではないと、昔から言われています。

例えば、厄年には引っ越しや新築などは避けたほうがよいというというのが定説です。

しかし、あまりに気にし過ぎると旅行にすら行けなくなってしまいます。
これでは人生が楽しくないですよね。

じつは、厄年を飛躍の年とする考え方も昔からあるのです。
漫然と生きるより、人生は節目をつけて生きたほうがよい。その節目こそが厄年という考えです。

ですから、自分を制限するより、逆転の発想で、思い切った行動をするというのも一つの考え方です。

人生は楽しむもの。
厄年すら楽しみに変えることができるのも、人間に与えられた想像力の素晴らしさなのです。


PR.運気アップ!風水グッズ専門店☆
風水火山

「厄年、厄払い」カテゴリーの記事一覧へ戻る
厄年、厄払い

参考にさせていただいた書籍
開運ハンドブック 日経おとなのOFF

トップページへ
風水で運が良くなる方法

☆カテゴリー
よろしければ応援お願いします。

人気ブログランキングへ
☆プロフィール
名前:ぴっくす
趣味:読書・風水
一言:運が良くなる方法を日々勉強中です。
Template by Crow's nest